ポゼットの効果&口コミ。正しい飲み方。副作用はある?

ポゼット

今回は、早漏防止薬であるポゼットの効果&効能及び口コミ・体験談、正しい使い方や成分、副作用について紹介します。

 

ポゼットの効果

ポゼットを服用すると、ダポキセチンが射精の指令を出す自律神経を抑制してくれます。射精までの時間を3~5倍に延ばす効果があり、早漏をコントロールします。

ただし、ポゼットは、強制的に陰茎部分を麻痺させる感じではなく、自然な形で早漏を防止するため、安心ということで、人気商品となってますね。

 

射精は、脳内のノルアドレナリンによって支配されており、ノルアドレナリンが増加することで起こる仕組みになっています。

ノルアドレナリンは交感神経末端・中枢神経系などに広く分布し、興奮を伝達する化学伝達物質です。ノルアドレナリンは自律神経と関わっており、ノルアドレナリンが増加すればするほど、自分の意志ではなく反射神経で射精になり、早漏になってしまうのです。

ダポキセチンはSSRIといわれるセロトニン再取り込み阻害薬に分類されています。脳内神経伝達物質セロトニンの再吸収を阻害することでセロトニンの濃度を高めるのです。

これにより脳内の過剰な興奮を抑制し、射精時間(持続時間)が延長されるというわけです。セロトニンとは、精神安定の役割を持った脳内神経伝達物質です。

この事により、ダポキセチンはノルアドレナリンの分泌を抑制し、射精を遅らせ早漏が遅漏化傾向になるのです。

 

ポゼットを飲むことによる射精までの平均効果持続時間

ダポキセチン30mgを内服したグループは平均した2分47秒、60mgを内服したグループは平均3分17秒、射精までの時間が伸びました。

かなりセッ〇スが楽しめるし、パートナーも喜んでるのではないでしょうか。

 

ポゼットの良い口コミ・評判

早漏改善薬プリリジーのジェネリックであるポゼット。

前に60mgを服用したら吐き気や胸のずーんとした感じが強く、行為どころではなかったので、30mgを服用。

副作用はあるが、行為はできる。そして、なによりかなり長くなった。(3分→10分強。「そろそろイこうかな」という余裕が生まれたことに感動!)

 

脳?に作用するので感覚が鈍らず、イくときの盛り上がりをコントロールできる感じ。イこうと思えば盛り上げられるが、思わなければイかなくても大丈夫。

ただ、ちょい早いぐらいの人ならいつまで経ってもイけないかもしれないので注意。

副作用はED薬の比でないので、半分に割って少なめからスタートすることをオススメする。

この薬が上手く使えて、ED薬との良いコンビネーションをつかんだら男の自信を取り戻せるというか、ネクストレベルに行けるんじゃないかな。

 

ED+早漏防止薬が欲しかったのですが、売り切れのため、ポセットを購入しました。結果、大正解!

ケースによっては、ポセットを使用したりしなかったりTPOに合わせて使用しています。じっくりしたい時には服用。今日は2回戦に挑戦の時は使用しないなどです。

早漏もポジティブに考えるとエンジョイできますよ。

 

47歳リピートです。

医院で60ミリを処方され使用した所、効きすぎて不発が続いていました。それから半分にして、30ミリでちょうど良かったので本品を購入しました。

口に入れると、独特な鉄臭さを感じます。副作用で軽い胸のもたれがありますが、総合的に満足しています。

射精を自由にコントロールできるようになったという口コミが多いですね。

 

ポゼットの悪い口コミ。実は効かない?

深刻な早漏でしたが、使用法を守れば効果絶大です。ただ、空腹時じゃないと効きずらいです。

あと服用してからのなんとも言えない気持ち悪さと薬を口に含んだ時の味があるので、いきなり実戦ではなく調整が必要だと思いました。

服用後の味をどう感じるかは個人差がありますが、とにかく効き目は抜群という声が悪い口コミでも見られました。

 

ポゼットの飲み方・飲むタイミング

ポゼットの服用方法を説明します。

ポゼットを飲む理想の時間帯は、性行為を行う前からおよそ1~3時間前と言われています。タイミングは、できるだけ空腹時の飲用がオススメです。

ただし、胃の中が空っぽな状態では、胃に負担がかかり、胃壁を荒らす恐れがあります。飲む際は、多めの水と一緒に飲むようにしましょう。

服用の間隔ですが、前回飲んだ時から24時間以上時間を開ける事は大事です。

さらに、水を飲むことにより、薬の吸収率を上げることができます。デート時でも、ぜひ覚えおいてください。

 

ポゼットの成分を解析!副作用の心配はある?

ポゼットの有効成分「ダポキセチン」は他のSSRIと比較すると、射精中枢に特異的に作用し、脳内セロトニン濃度を上昇させるところが大きな違いです。

ダポキセチンは世界初の服用する形の早漏治療薬です。ダポキセチンは、「プリリジー」(先発品)としても製造販売され高い評判・評価を得ています。

ポゼットの副作用については軽い症状であれば、使用者の口コミにかなりの数あります。販売先からも副作用についての注意喚起がされていますね。ですが、深刻な例や症状は、現在までは無いようです。

乱れた生活や生活習慣病などでは副作用も厳しくなります。特に常用薬がある場合、併用禁止薬である恐れがあるため、医師への確認をオススメします。

使用者の口コミにみられる副作用としてはすべて軽い症状ではありますが、頭痛、めまい、下痢、嘔吐、睡眠障害、のどの渇き、倦怠感といった症状があげられています。

副作用は個々のコンディションと関係し、必ず発生するものではありません。

その他、注意点として、激しい運動後の服用、服用後の車の運転、アルコール類と一緒に摂取といったことをすると、副作用の症状が高まる可能性がありますので、控えるようにしましょう。

また、過去に医薬品を使用し、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがあるという人は、ポゼットを服用する前に医師に相談をしてください。

 

ポゼットの正しい選び方

「ポゼット」は、30mg錠と60mg錠が販売されています。ポゼットを服用することで、普段の3~5倍に射精時間が延びると言われています。使用にあたっては、パートナーの理解を得た方がより効果を高められることでしょう。

あんまりに遅漏だと、女性側も疲れてしまいますからね。。

ダポキセチン30mg・60mg・90mgの3種類のいずれを使用するかどうかは、早漏の程度によります。

ですが、初めての場合、成分が少ない30mg方からの購入をオススメします。

一番少ない方から使っていくと、その効き目の状況によって調整ができますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)